フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式) ブリーフレビュー

今度の代車はポロ(2010年式だけど多分現行型で最初期型)でした。
50キロほど乗ったので、簡単に感想を。

DSG

シフトショックが全然なくするする変速します。さすがDSG!
でも、するする変速するのと、するする加速するのは別物で、他のAT車同様もったりします。(1.4L N/Aエンジンなので)
パーシャルスロットでは全然加速せず、アクセルを踏み込むとワンテンポもツーテンポも遅れて加速します。(C3ではアクセルをグッと、ポロではちょっとグッと、なので、ポロの方が優秀です。)
やっぱりマニュアルがいいなぁ。

乗り心地

道路のざらつきやギャップをわずかながら拾います。この点、C3の方が1クラスも2クラスも上!
国産コンパクトもそうなので、ポロの欠点ではないですが。
国産コンパクトや208にある、バネ上のふらつきがないのは、ポロもC3も優秀です。

エクステリアデザイン

端正で整ったデザインです。美人。
C3は愛嬌がある娘、て感じ。

インテリア

ポロもC3も同程度です。

総評

まだ渋滞道を走ってないんだけど、DSGは快適なんだろうなぁ。

Bセグメントのベンチマークのポロと乗り比べたことで、C3を買ったのは正解だと改めて思い直しました!
C3のゼニスウインドウは最高!
ポロはオール5の優等生、C3はオール4だけど、英語とか美術とかが飛びぬけていい娘、て感じです。(ちなみに 206 は、オール3だけどルックスと性格がよくてクラスの人気者 笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です