シトロエンC3購入 & ブリーフレビュー

206が廃車になったので、次の車はということで、シトロエンC3(2012年式)にしました。

見て次の日に買うことを決めたので、決して衝動買いではない。


シトロエンの青は秋空によく合います。

シトロエンC3ブリーフレビュー

シトロエンC3に1日乗ってみての感想。

車屋からキーをもらって初めて走り出した時の第一印象。「静か!」Bセグメントなのに遮音がしっかりしていて上のセグメントのように静かです。
そして乗り心地はというと、206は結構路面のインフォメーションをダイレクトに出力していて、自分としては好きだったんですけど、C3は路面とドライバーの間に一枚ゴムブッシュ(いや機械バネですけど)が入っていて、大人な乗り心地。
代車で借りていた208はバネ上がフラフラしていて落ち着きがなかったのですが、C3はほどほどのダイレクト感で好印象です。
この2点、同じBセグメントの206やスイフトと比べて一回り大きいだけの車格を演出しています。

オートマは心配していた「例のAL4」ですけど、変速ショックやレスポンスの悪さもなく、安心しました。常用速度域では満足できます。
エンジンは1.6リッターの120PS。今流行の低燃費型エンジンでなく、燃費も12km/L。流行遅れでかつアクセル踏んだ時に豪快な加速があるわけでもないですが、1200kgの車重を常用域で使う分には問題ないです。
代車で借りた208やパッソのように、バイパスの加速でアクセル踏んづけてるのに加速に気の遠くなるような時間がかかることもなく、好印象のエンジンです。たしかMINIクーパーと同じエンジンでしたっけ。
後記型には1.2リッターの省燃費型エンジンが載せられましたが、93PSほどで常用域もエンジンパワーが少ないのでは、と思います。だから新型C3は1.2リッターターボエンジンになったのかと。

欠点と言えば、内装の物入れが全然ない! ドリンクホルダーもなく、カー用品店で買ってきた後付けのドリンクホルダーもダッシュボードに水平な面がなくやむなくドアの物入れに付けました。そして、グローブボックスに車検証が入らないのは絶望した!

カーオーディオの音質はあんまりよくないです。多分206と同じ品質だと思いますが、C3は静穏な分、いいオーディオが欲しくなります。確か後期型はハイファイオーディオがついているので、そちらで聞いてみたくなりました。
でも、オーディオにAUX端子がついているので、ちょっと工夫すればiPhoneが最高の音質で聞けます。

エクステリアは萌え死ぬほどかわいい! エクステリアカラーのブルーは鮮烈で、雲がない夏の空で写真を撮ってみたいと思いました。
インテリアは豪華さはありませんがBセグメントなりのシンプルで安い作りで好感を持てます。
そしてゼニスウインドウ! 頭上を描く空は最高です!

惚れ込んでいた206に突然の別れを告げられ落ち込んでいたのですが、今度の彼女は「いいかも!」と思わされる素敵さです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です